初夏の森にて


月と水のリズムの白樺樹皮ワークショップへ
行ってきました。
白樺樹皮をいただくタイミングには
月の満ち欠けや水のリズムが関係しているのだとか。











樹皮採取は本当に難しくて
大切ないのちをいただくというのに
私にはまだまだ分からないことだらけです。

白樺の木に少しでも負担をかけずにすむのなら、
そんな自然のリズムを知りたくて
juliさんのワークショップ
参加させていただいてきました。

スルリと樹皮が剥けるには
もうほんの少しだけ
早かったのかもしれません。


剥きたての
まだしっとりと
水分をふくむ木肌からは
顔を近づけると
青く、
ほのかな甘い香りがして
木を抱えるように
ありがとうと
なんども
深く呼吸しました。

いただいた
白樺の樹皮に
わたしにも
どうか新たないのちを
吹き込むことができますように。

それが白樺の木への
感謝だと想うから
きっと大切に
使わせていただきますね。

juliさん、芳吉おじさん
ご一緒して下さったみなさん
ありがとうございました。


Retattat レタッタ
アイヌの言葉で白樺樹皮


cetegory : 白樺細工 ✤ comments(0) ✤ trackbacks(0) ✤ -
2015年06月13日(土) 23:04 by エルブドネージュ [ Edit ]

クロスのオーナメント



それにしても毎日寒くて寒くて、雪がよく降りますー

三連休も札幌は大荒れに荒れていました。

成人式に出席するために大学生の息子が帰省していたのですが
そんな悪天候の中でも一時も腰を落ち着けることなく

友人や同級生と楽しい時間を過ごし

無事に成人を迎えて、

ばたばたと函館へと帰ってゆきました。




ちょっと驚いたのは、高校まではわりと無口で
学校であったことなどほとんど話さなかった息子が

随分とおしゃべりになっていて!

アルバイト先での苦労や遣り甲斐、友達のこと、大学のこと

函館での様子をたくさん聞かせてくれたことでした。

今、狭いアパートには居候がいるそうで(男子学生。笑)

青春してるようです。

勉学のほうもがんばってほしいなー。




近くで生活態度を見てしまうと、まだまだ頼りなくて心配な部分も多くて

いろいろと口出しもしてしまったけれど

ほんの少しは大人になった面も見せてくれた成人の日。


自立に向ってますます逞しく生きていってほしいと願っています。







この白樺樹皮のオーナメント

小さくても横顔はふっくらとしていて存在感があります。

正面から見るとクロスのような形をしているので

Retattat では、クロスのオーナメントと呼ぶことに。



キッチンやお部屋に飾っていただくと

ナチュラルな雰囲気が生まれます。

クリスマスの季節だけでなく北欧インテリアに
さりげなくプラスしていただけますように。



小樽
のビブレサビ・プラス・ミーユさんに

白樺のブローチ、石鹸などとお届けしましたので

どうぞよろしくお願いいたします。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Vivre sa vie + mi-yyu

小樽市色内2丁目4-7

TEL 0134-24-6268

営業時間 11:00〜18:00

定休日 月曜、第3火曜(祝日の場合営業)







cetegory : 白樺細工 ✤ comments(0) ✤ trackbacks(0) ✤ -
2014年01月14日(火) 19:32 by エルブドネージュ [ Edit ]

初雪

先日の釧路のイベントで石鹸をお買い求めくださったみなさま
ありがとうございました。
今年のイベントもひと段落
せっけんの方はひと休みして手仕事にはげんでいます。

先日ちらっとおはなしした白樺細工
星のオーナメントや小さなブローチなんかも少しずつですけど作っています。
イベントシーズンにはゆったりとした時間がなかなか取れなかったのだけど
ようやくじっくり取り組めるように。
ほとんどが独学なので試行錯誤の日々なのですが
これがほんとに楽しい!

農閑期の内職、というわけではないけれど(笑
北海道のながい冬は白樺細工もしていきたいなぁと思っています。






ブランド名は Herbe de Neige とは別にしたくて
白樺樹皮という意味をもつアイヌ語なのですけど
Retattat(レタッタ)とつけました。
音の響きや綴りがかわいいという実に単純な理由ですが
北海道で活動するのですからスエーデン語でもフィンランド語でもなく
アイヌ語でと、この名前にしました。






いまや石鹸づくりには欠かせなくなった白樺樹液。
白樺樹液から私の白樺への興味ははじまって、
北欧・ロシアの白樺細工や白樺の木のことを調べているうちに
偶然目にした一枚の写真
それは縦にすーっと切り込みが入れられ樹皮がぺりぺりっとはがされていている様子。

えーっ、白樺の樹皮ってこんなふうに剥がれるんだ・・
剥がす感覚ってどんな感じなんだろう。
それは私にとってすごい衝撃で、
でもなんだかもうずっと以前から知っているような懐かしいような感覚もあり
私もこの手で樹皮を剥いで白樺細工をしてみたい
という思いで胸がいっぱいになったのです。
それからお勉強をしたり、樹皮を分けていただける方を探したりと
その想いを現実にさせるべく少しずつ準備をはじめてきました。






そうして3年の時がたち、気がつけばいろんな方とのご縁やご協力をいただいて
今こうして樹皮をカットしたり なめしたり 編んだりと手を動かせていることが
とても幸せです。


ただ、あんまり根をつめると石鹸のほうがおろそかになってしまうし
私のことですからゆっくりペースですけど
石鹸のほうと一緒にゆるりとやっていきたいと思っていますので
Retattat をどうぞよろしくお願いいたします。







今日、さっぽろは初雪がふりました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


納品のおしらせ

小樽のすてきな雑貨屋さん、Vivre sa vie + Mi-yyu さんに
石鹸をお届けしました。
レタッタのものを置いていただくのははじめてなんですが
白樺細工もほんのすこしお預けしました。
どうぞよろしくお願いいたします。


Vivre sa vie + Mi-yuu (ビブレ・サ・ビ・プラス・ミーユ)

北海道小樽市色内2-4-7

TEL.0134-24-6268

営業時間 11時から18時まで

定休日  月曜、第3火曜(祝日の場合営業)





cetegory : 白樺細工 ✤ comments(0) ✤ trackbacks(0) ✤ -
2013年11月11日(月) 15:58 by エルブドネージュ [ Edit ]

1